多汗症の治療で症状を緩和する|発症してしまう原因

ウーマン

多汗症をチェックする

レディ

通常汗であれば、エクリン腺との汗腺から分泌されるでしょう。エクリン腺は人の身体の色々な部位になります。そのため、多汗症も身体のあちこちで発症してしまうと言われています。特に手のひら足の裏などはエクリン腺が集中している部位になるので、多汗症を発症しやすいです。実際に多汗症の中でも、手のひらや足の裏などの特定の部位に汗を各症状が大体を占めています。汗は誰にでも書いてしまいますが、大量に汗が分泌されてしまう、手のひらの汗で書類などが濡れる、足の裏の汗で床がべたついたり靴下が濡れる人は病院に行って適した治療などをした方が良いと言えます。

もし治療を疑ったらまずはセルフチェックを行ってみましょう。多汗症の症状は人それぞれ違います。ですが、多汗症の大まかなレベルがあってレベル3まで分けることが出来ますよ。まずレベル1ですが、汗が湿っている程度になります。見た目はわかりにくいのがほとんどでしょう。レベル2は水滴が出来ているのがわかります。最後のレベル3は、水滴が出来たうえで汗が落ちてしまいます。このレベルですが、レベル1が軽い症状でレベル3が最も重症になってしまいます。上のレベルを参考にセルフチェックをしてみると良いでしょう。自分の今の症状を把握することで、病院に行ったときに今後の治療などのカウンセリングがスムーズに出来ます。自分のレベルに適した治療をちゃんと選択して治療を進めることが重要です。

また、病院で手術や治療を受ける前に自分で行なえる多汗症改善のツボがあります。治療の間などこのツボも意識して押すとより効果的になるでしょう。多汗症に効果的な1つ目のツボは労宮になります。この労宮は手でグーをした際に、中指の先端部分が当たる場所にあります。このツボを刺激するときは、適度な指圧で大体5秒ほど押しましょう。それを数回行なうことで、緊張がほぐされてリラックスが出来るとされています。緊張しているときに、汗をかきやすい人にはおすすめのツボと言えます。また、インターネット上では多汗症についてセルフチェックが行えるサイトなどがたくさんあります。一番は病院に行って治療を受けることですが、その前に自分の症状を確認するのも良いでしょう。症状が軽度の場合は自分でも行えるツボなどで改善を心がけてみるのも出来ます。