多汗症の治療で症状を緩和する|発症してしまう原因

ウーマン

ワキガとの違い

婦人

わきの下に過剰に汗をかいてしまって臭い場合があります。その際は自分はワキガではないのかなど疑ってしまいます。ですが、わきの下に過剰に汗をかく状態の場合、ワキガではなくて多汗症の可能性があります。多汗症はあまり浸透していない病気ですが、その名の通り汗を多くかいてしまいます。ワキガと似ていますが、実際は全く別の病気になります。多汗症の汗から出てくるのは主にエクリン腺から分泌された無色透明のサラサラした液体になります。水分が99%で残りの1%が塩分になっています。そのため、多汗症の汗自体は臭くないと言われています。多汗症で臭いを発生してしまうのは、衣服についた汗が雑菌と混ざって独特の臭いになってしまうからです。臭いのない汗が普通の人とは異なり、たくさん分泌されてしまうのが多汗症になっています。その一方ワキガは、アポクリン汗腺から汗が分泌されます。この汗も本来は無臭ですが、その成分は脂肪やたんぱく質が入っており、皮膚表面に出てくると、様々な菌と関係してワキガ臭になってしまいます。
わきの下に大量に汗をかいて臭いがするからワキガだと思う人もいますが、わきの下が臭いだけでワキガと判断するのは間違っています。多汗症の人も大量に汗をかいて、長時間放置を行なうと汗臭さは出てしまいます。実はワキガと多汗症は併発する可能性が非常に高いと言われています。ワキガは遺伝となっていますので、ワキガの人が多汗症になる可能性も珍しくありません。多汗症かワキガかを判断したいなら、病院に相談しに行くことが良いでしょう。

汗の病気は様々ありますが、治療法もちゃんとあります。多汗症では、飲む薬があります。に効果が高い内服薬に抗コリン薬があります。この抗コリン薬を服用することで、交感神経の働きを防ぐことが出来ます。それにより、発汗が抑制されて多汗症の症状が一時的にですが、良くなるでしょう。人前に立つときなどに服用すると効果を発揮することが出来ますよ。次にせん除法があります。これは主に病院や美容外科で行なわれている多汗症の治療の1つになります。外科的治療で手術を行ないます。手術でわきの皮膚を数センチほど切開して、多汗症の原因のなっている汗腺を取り除きます。この治療法は確実に多汗症を解消することが出来るため、非常に人気の高い治療法になっています。